転職の面接には転職の理由が大切です

転職活動で面接は必須です。多くの場合、面接の前に書類審査等で事前に振り分けが行われますが、あまり大きくないところや全員と面接しますと宣言している所は面接の場で自分をアピールする機会がもてます。ただ自分をアピールするといっても、自分の個性を分かってもらうための場所ではありません。あくまでも面接先の会社にとっていかに自分が有益であるかを面接官の目で直接確かめてもらう場所です。また書類で送った履歴書等の書類内容が一致しているかという確認の場でもあります。

転職の場合、面接で必ずと言っていいほど聞かれる理由は、前職を辞めた理由やきっかけです。その会社を辞めるには何らかの理由があるはずですが、それが今面接を受けている会社にも当てはまると、面接官に判断される場合があります。やむ得ない理由で辞めた場合でも、やはり辞めた理由は次の就職にプラスになるような内容にしたほうがいいです。前職でやっていた仕事内容を掘り下げていくうちに、御社のことを知り、こちらでさらに自分のこれまでスキルを有効に発揮出来るようになったというような、「目的を果たすために転職活動を行っている」といったポジティブな理由がいえることが面接には重要です。

比べてお得!